東京エクスプレス準備が不安で Tu-95 の二重反転プロペラにぐるぐる

 

f:id:KuboBook:20191228163054j:plain

ぼーい先生が選んだクリスマスプレゼント,なぜかレトロゲイムが好き

 さてさて,今日は 12/28 (土曜日)…などと,1月から開始される東京急行の4反復威力偵察の準備にとりくんでおります…とりくみたくないけど,かくのごとき出前さーびすで小ゼニをかせごうとする,あさましい判断の帰結と断定せざるを得ないでしょう…いらいらしていますと,かくのごとき,どうでもよいハナシが悲観的になりがちで,なんとかして脳内のアドレナリン不足とかで危険な状態になるのかどうかわからない…といった evidence zero な,らちもあがらぬ独語ループが形成されがちです.はい.

いまのところ,スターウォーズ 9 観劇おでかけスケジュールは未定のまま日没時刻になってきました.「時間の無限性」を信奉するぼーい先生は,今日もがんばって標高 1023 メートルの手稲山から北大あたりをながめているのではないでしょうか.いっぽうで「よゆー」みたいなものを消耗しきっている憔悴しつつある状況にやられています.

とりあえ数量的にとらえなおしてみましょう.全 296 枚の投影資料は,まあ,いちおうはできています.問題は「これでは足りん」という焦燥です.私は投影資料の紹介がザツといいますか投げやりといいますか,とにかくぎりぎり可能なスライド遷移速度を拘束しがちで…「はやく終わらせたい」という落ちつきのなさもあり,理論的には全体を 8 個に分割した投影資料をほぼ一定速度で運行すれば,あら不思議,「いやだなー」と思っていた「投影資料の活弁士」作業が…ああ,やっぱり,うまくいくかどうかわからん.とにかく,壇上であわてずに,ゆっくり時間を確認したりしながら,パニックを回避できるよーに,なんとか切り抜けたいですね.ひとコマに 90 分もわりつけるほうも悪い.当方の一存で 80 分あたりで,うちきってやりますかね!「あと 10 分は個別質問タイム!」とかね.